menu

close

TATSUNDESU 1F

TATSUNDESU 1F
TATSUNDESU 1F

住宅や貸家などに最適。
770万円で新築一戸建てが建つんです。

安い住宅だからなおさら注文住宅以上の製品にすることに目標を置き商品開発に取り組み、後々のアフターメンテナンスをより少なくするような商品を遣い、一流の職人で手がけた家です。
一生の住宅に、又老後の2回目の住宅に、しいては借家計画にといろいろな用途に応じられる住宅です。

間取り

間取り 間取り

スタンダードプラン

770万円(税込831.6万円)

  • 延床面積 57.13㎡(17.28坪)
  • 1階床面積:57.13㎡(17.28坪)
基礎
鉄筋コンクリートベタ基礎
外壁
陶業系サイディング通気工法
屋根
陶器瓦
構造
木製軸組工法
鋼製建具
ペアガラス(網戸付)
玄関ドア
アルミ製ドア
内装仕上げ
クロス貼り仕上げ
床材
カラーフロア
木製建具
MDFフラッシュ構造
24時間換気
第3種換気(自然給気・機械排気)
給湯設備
電気温水器370Lフルオート
断熱材
壁・天井:グラスウール75mm
床:押出法ポリスチレンフォーム25mm
キッチン
I型1950mmタイプ
ステンレス天板
IHクッキングヒーター
バス
0.75坪(1216)タイプ
収納、ミラー、シャワー水栓
中折ドア(ホワイト)
洗面化粧台
洗髪シャワー600mmタイプ
便器
シャワートイレ
照明器具
玄関、ポーチ、廊下、階段、洗面所、浴室、トイレ、キッチン手元灯
インターホン
モニター付インターホン

グレードアッププラン

850万円(税込918万円)

  • 延床面積 57.13㎡(17.28坪)
  • 1階床面積:57.13㎡(17.28坪)
基礎
鉄筋コンクリートベタ基礎
外壁
陶業系サイディング通気工法
屋根
陶器瓦
構造
木製軸組工法
鋼製建具
ペアガラス(網戸付)
玄関ドア
アルミ製ドア
内装仕上げ
クロス貼り仕上げ
床材
カラーフロア
木製建具
MDFフラッシュ構造
24時間換気
第3種換気(自然給気・機械排気)
給湯設備
エコキュート370Lフルオート
断熱材
壁・天井:セルロースファイバー
床:押出法ポリスチレンフォーム25mm
キッチン
I型1950mmタイプ
人造大理石天板、食器洗乾燥機
IHクッキングヒーター
バス
0.75坪(1216)タイプ
収納、ミラー、シャワー水栓
中折ドア(ホワイト)
洗面化粧台
洗髪シャワー600mmタイプ
便器
シャワートイレ(手洗いカウンター付)
照明器具
玄関、ポーチ、廊下、階段、洗面所、浴室、トイレ、キッチン手元灯
インターホン
モニター付インターホン

長期優良住宅(オプション)※長期優良住宅の認定には、住戸面積が75㎡以上必要となります。

平成建設の施工する「長期優良住宅」は、標準仕様において高い認定技術基準を満たす「長期優良住宅」です。

「長期優良住宅」とは「いいものをつくってきちんと手入れして、長く使う」ストック型社会への移行を図るために「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」をもとに今後、建築される住宅を「長期優良住宅」として認定する制度です。
建物の構造や計画的な維持保全計画、居住環境などに高い認定技術があり、それらを全て満たす住宅が「長期優良住宅」、良質で資産価値の高い住宅であると認められます。
さらに認定を受けることで様々な税制等の優遇のメリットがあることも大きな特徴です。

「長期優良住宅」認定技術基準

高品質な家づくりのために「長期優良住宅」が満たすハイレベルな技術基準。

劣化対策(耐久性)

世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能です。
・床下空間高さ33cm確保
・床下空間、小屋裏空間点検口設置

維持管理・更新の容易性

メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければなりません。
・維持管理対策等級3

省エネルギー性

断熱性能など、一定のエネルギー性が確保されている必要があります。
・省エネルギー対策等級4

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
・75㎡以上(かつワンフロア40㎡以上)

居住環境

地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

耐震性

大規模な地震に対して崩壊しにくい、また、もしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
・耐震等級(倒壊等防止)2以上

維持保全計画

・建築後の住宅維持保全の期間が30年以上。平成建設は図面、仕様書等データで保管しています。
・構造耐久上主要な部分、給配水管等について、仕様、点検の項目及び予定時期が指定されたものであること。
・点検の予定時期がそれぞれ点検または更新から10年を超えないものであること。

税制

家づくりを財政面でもバックアップ。最大500万円の住宅ローン控除などが受けられる「長期優良住宅」。
高品質・高性能な住まいを長く大切に使うライフスタイルは、税制面からもバックアップされています。

認定を受けた住宅に対する税制上の優遇措置

一般住宅 長期優良住宅
住宅ローン減税の最大控除額 400万円 500万円
住宅投資減税の最大控除額
(住宅ローンなしでも適用)
適用なし 65万円
登録免許税の税率 所有権保存登記 1.5/1000 1/1000
所有権移転登記 3/1000 2/1000
不動産所得税の課税標準控除 1,200万円 1,300万円
固定資産税減税(戸建て) 3年間 1/2 5年間 1/2
※優遇措置につきましては、自治体によって税率が異なります。

「長期優良住宅」は、このような厳しい基準を満たし、長年に渡り安心してお住まいいただける住宅です。
「長期優良住宅」認定技術の詳しい情報は、国土交通省のWEBサイトでご覧いただけます。【長期優良住宅の認定基準(概要)】