menu

close

低炭素住宅

土間のある家

間取り

間取り

スタンダードプラン

1,600万円(税込1,728万円)

  • 1階面積 66.24㎡
  • 2階床面積 49.21㎡
  • 延床面積 115.45㎡(34.92坪)
  • ●4LDK+土間●オール電化
  • ●構造規模/木造2階建て
スタンダードプラン

低炭素住宅とは

低炭素建築物とは、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。

低炭素建築物の新築等計画の認定

  • 認定の対象は市街化区域等内における以下であることが定められています。
  • 省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
  • その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。
低炭素建築物の新築等計画の認定

優遇措置

税制優遇

(1) 所得税:住宅ローン型減税の優遇。
(2) 登録免許税:住宅の登記を行う際の登録免許税率の優遇。

金利優遇

低炭素建築物は、住宅ローン【フラット35】S(金利Aプラン)の省エネルギー性の基準に該当します(2016年4月現在)
フラット35の金利から当初10年間0.3%引き下げられます。